サクラエディタ

サクラエディタ 2.1.1.3

幅広い機能と軽快な動作が特徴の日本語テキストエディター

完全な説明を見ます

賛成票

  • テキスト作成ほか幅広い機能を備える
  • ソースコード編集にも重宝する
  • 高いカスタマイズ性がある
  • バージョンアップごとに進化する
  • ヘルプが充実している

反対票

  • マクロや強調表現で設定できる数に制限がある

秀逸
-

サクラエディタは多機能かつ高度なカスタマイズ性を誇る万能型のテキストエディターです。豊富な編集機能に加えソースコード編集時に役立つ機能が数多く搭載されており、ライターからプログラマーまで幅広いユーザーに支持されています。

テキスト作成をはじめ幅広い機能
基本的なテキスト編集機能のほか、文書整形、矩形選択、インクリメンタルサーチ、入力補完、自動バックアップなど非常に幅広い機能を備えています。Shift_JIS / JIS / EUC / Unicode / Unicode BE / UTF-8 / UTF-7 といった文字コードに対応しており、多言語混在でのテキスト編集も可能。印刷時にはプレビューやアンチエイリアスが可能で、ワープロソフトと同様の整形文書を出力できます。Undo(元に戻す)やRedo(やり直す)操作がほぼ無制限に行えるのも使い勝手がいいです。

プログラマーのソースコード編集にも
C/C++、HTML、PL/SQ、COBOL、Java、アセンブラ、AWK、など多数のプログラミング言語に対応し、コード内容に応じた色分け表示ができます。またプログラムの構造を視覚的に理解できるよう構文をツリー表示できるほか、現在の編集部分が一目で分かるよう編集行に下線を表示させることができます。そのほか複数のテキストファイルから特定の文字列を検索するGrep機能や、テキストの差分を表示するDIFF機能など、プログラマーが重宝する機能も多数備わっています。

高いカスタマイズ性
標準は1つのウィンドウ内に1つのデータのみを表示するSDI型のインターフェースですが、複数のウィンドウが煩雑という場合にはタブ切り替え型に変更もできます。さらに全てのコマンドにショートカットキーを割り当てられるキーボードマクロ機能を備えているほか、メインメニューや右クリックメニューを自由にカスタマイズできるなど、ユーザーの使い勝手に合わせた組み替えが可能です。

バージョンアップごとに進化
サクラエディタはオープンソースを元に現在も開発が続けられています。最近ではエディター画面が見やすいよう偶数行に背景色を設定できるよう改良されるなど、バージョンアップにユーザーのニーズが反映されやすいという特徴があります。

マクロや強調表現で設定できる数に制限がある
以上のように拡張性の高い多機能テキストエディターですが、マクロや強調表現で設定できる数には上限があります。その点のみ機能追加を求めるユーザーにとっては惜しいところかもしれません。さらなる拡張性を求める人は秀丸エディタNotepad++なども試してみてください。

サクラエディタは多機能かつ軽快なテキストエディターです。プログラミングなど開発の現場はもちろん、日常の文書作成でも手軽に使えて活躍するでしょう。

サクラエディタは以下の形式に対応しています

文字コード:Shift JIS、JIS、EUC、Unicode、Unicode BE、UTF-8、UTF-7など
サクラエディタ

ダウンロード

サクラエディタ 2.1.1.3

ユーザーレビュー

  • "すばらしいエディタ"

    日本を代表するエディタ、だから桜 プログラマにとって必要なものがそろっている。 ・矩形選択 ・キーマクロ ・検索時の黄色選択 ・Grep検索 動作も軽快、EXEだけで動くし、最高のエディターです。 欲を言えば、ecliplseとかのプラ... もっと.

    についてのレビュー 2011年6月21日